カントン包茎とは

カントン包茎は、程度の違いがかなりあります。
通常の状態であれば、手で包皮をむく事が出来ますが、亀頭先端部の包皮の狭窄(きょうさく=狭さ)がある為、剥きづらかったり、途中までしか剥けなかったり何とか剥けても勃起してくると輪ゴムで止められたように締付け及び痛みが生じます。
 
剥いたままで長期放置した場合亀頭の細胞が壊死してしまう場合があって非常に危険な状態です。
 
性行為の最中に締め付けられ亀頭の下が大きく膨らみ腫れた状態で相談に来られる若い性交時に問題となりますので包茎手術を受けることを考えましょう。

サブコンテンツ