加齢(ED)

一般に年齢別に見た場合、若齢の群より老齢の群の方が、性行為自体の頻度は少なくなります。
 
勿論、性行為の有無はEDを始めとする性機能障害のみが原因とも限らないが、テストステロンの合成はやはり老齢になると減少し、精巣にも若干の萎縮が認められ、海綿体平滑筋の充分な弛緩もままならなくなります。
 
かつてキンゼイは結婚の期間と性交の回数の相関関係を指摘したが(すなわち倦怠期)、これを否定する説もあります。
 
老人を対象に行われた性欲調査においてはおよそ80% – 90%の男性が性欲を「ある」としています。
 
特に1973年 – 1985年に日本において老人クラブ員の60歳以上の男性を対象に行われた調査では、性欲を持つ者が90%内外、まさしく性行為を望む者が42.1% – 60.4%、となっており、性欲そのものについては老いてもなお持ち続け得るものであると言えます。
 
なお、老齢の女性も老人性膣炎、膣萎縮症、また子宮の萎縮によるオーガズム時の痛みなどにより性交渉が困難となる場合が見られるが、エストロゲンなどの投与により改善の可能性があります。

サブコンテンツ